依頼時期によらず質が高いサポートを期待できる

機械式時計のオーバーホールをメーカーに任せる場合は、万一納品後すぐに不具合が生じても無償で対応してもらえるといった利点があります。また、大手の時計メーカーの中には、オーバーホールの作業のクオリティを高めるため、作業工程の標準化を行ったり、腕利きの時計技師を採用したりしているところもあります。そのため、街中の時計修理店と比べて、オーバーホールを依頼する時期にかかわらず理想的な仕上がりを期待することができます。最近では、オーバーホールの対応事例について、顧客用の資料に写真や動画を使って紹介しているメーカーも珍しくありません。そこで、依頼をする前に過去の実績や依頼者の評判なども合わせてチェックしてみると良いでしょう。

部品の消耗が目立つ場合に純正部品に交換してもらえる

メーカーによる機械式時計のオーバーホールでは、部品の消耗が目立つ場合に純正部品に交換してもらえるため、適切なタイミングでメンテナンスを行うことで長期にわたり新品同様の状態を保つことが可能です。特に、有名な時計メーカーの機械式時計は、企業秘密の高性能の部品を採用したり、部品の組み立て作業に工夫したりしているモデルが多くみられます。そうした中、機械式時計の独特の針の動きや見た目などにこだわりたい人は、オーバーホールの際に初めからメーカーに対応をお願いするのがおすすめです。また、交換をする純正部品の種類によっては工賃が高額になるケースもあるため、料金の総額について顧客用の窓口に聞いてみると良いでしょう。