修理依頼で修復が実現可能

機械式時計を永遠に動かし使い続けるためには手入れを怠らないことが必須条件です。手入れさえ行き届いていれば電池切れの心配がないことが長所といえます。しかし機械式時計は1度止まってしまうと素人による修理は簡単ではありません。このような状態になった場合は迷わず修理専門店への依頼が必要になります。特に機械式ムーブメントが止まった場合は重症で、修理内容により時間がかかることもあります。しかし修理専門店へ早めに依頼することで、最悪な状態を回避することが可能な場合もあります。プロによる早い段階での不具合を発見して正常に戻すための最適な施しを行います。早い段階で依頼をすれば程修理専門店依頼時の、修理時間の短縮とそれに伴う修理費用も抑えることが可能です。

プロのみが可能な様々な施工

機械式時計を長持ちさせる方法は毎日自身で確認する以外にも、修理専門店へ定期的にオーバーホールに出すことも大切です。修理専門店にオーバーホールを依頼した場合のメリットは、素人ではとても困難でプロのみが可能な分解掃除を施すことです。作業内容は部品を1度分解して再度組み直す作業で、部品間の注油や外装のポリッシュを施すという細かい工程の作業です。そして修理専門店は最近のムーブメントの部品同士の摩耗の軽減が、工夫され改良されているという特徴を生かした修理を行います。従来のオーバーホールは3から5年サイクルで行うことが一般的でした。しかしメーカーやモデルにより違いも有りますが、3から5年より長いサイクルのオーバーホールを修理専門店に依頼すれば可能になります。さらに修理専門店の良い点はメーカーでは手に負えないモデルの修理が可能という長所もあります。