早めに作業にかかる大体の費用について教えてもらおう

オーバーホールを時計の購入先のメーカーに依頼をするにあたっては、早めに作業にかかる大体の費用について担当者に教えてもらうことが大切です。たとえば、一流の時計メーカーの高価なモデルの中には、一回のオーバーホールの総額の費用が十万円を超えることもあります。そこで、仕事上やプライベートで機械式時計を使う機会が多い人は、日ごろからオーバーホールに向けて資金をしっかりと蓄えておくのがおすすめです。国内外の有名な時計メーカーの中には、ネット上でオーバーホールの無料見積もりを出してくれるところや、様々なモデルの修理に詳しいコンシェルジュが相談対応をしてくれたりするところもあり、いつでも安心してオーバーホールをお願いすることが可能です。

複数の部品交換が必要な場合は作業期間について確認しておこう

メーカーでのオーバーホールの際に複数の部品交換が必要となる場合には、作業期間が当初より長くなってしまい、同じ時計を愛用している人にとって生活に影響が出るケースもあります。こうした問題を回避するには、前もってオーバーホールに詳しいメーカーの専門のスタッフに質問をして、平均的なオーバーホールの期間を把握したり、部品交換が必要となる場合について詳しく説明を受けたりするのがおすすめです。最近では、オーバーホールの作業期間を短縮するために担当スタッフの増員を行ったり、修理の受付件数を調整したりしているメーカーも少なくありません。そのため、数年おきにしっかりとオーバーホールをしたい人は、メーカーの修理対応の事情について自分なりにきちんと調べる必要があります。